strike
voqn:

二次元裏nov@避難所

この流れに至った経緯がマジで謎

voqn:

二次元裏nov@避難所

この流れに至った経緯がマジで謎

ko6kke:

こ…この太ももwwwタマランチンwwwwwwwwwww

pepelie:

橋本環奈

加太こうじ『[新版]日本のヤクザ』大和書房を読むと、ヤクザやテキヤが副業で紙芝居や駄菓子屋をやっていたケースが多かったという。よくもまあこのばあさんが、次から次へとこんないかがわしいものを、手を替え品を替え仕入れて来られるものだと、子どもながらに感心したものだが、そう言われてみれば合点がいく。
下町の工場地帯だったので不思議な売り物も多く、今では名のあるメーカーの海老煎餅やチョコレートの割れた不良品が、大きなビニール袋に入れて置かれてあり、クジをひかせて出た数字分だけアルマイトのカップですくってくれたりした。奇妙な物なので子どもの興味をひく謎の工業製品などもあり、買って遊んでいるとおとなが「ちょっと見せてみろ」などと言い、「ははあ、○○の部品だ、よくこんな物を子ども相手に売ろうなんて思いついたもんだ」と苦笑いしていた。
「僕らの音楽」然り、いい大人が「僕ら」っていう言葉を使う時は、狭くて同調意識の高いコミュニティを構築したい時、分かりやすく他と差別化を図りたいときによく使われる言葉なのかもしれないね。
joodle:

I thought so too, person whom I don’t know.
I thought so too.

I just shaved. touch my leg.

joodle:

I thought so too, person whom I don’t know.

I thought so too.

I just shaved. touch my leg.

PCケース「くらえ青色ビーム!」
ぼく「ぐわああああ」
キーボード「くらえ青色ビーム!」
ぼく「ぐわああああ」
スピーカー「くらえ青色ビーム!」
ぼく「ぐわああああ」
USBハブ「くらえ青色ビーム!」
ぼく「ぐわああああ」
ルーター「くらえ青色ビーム!」
ぼく「ぐわああああ」
Twitter / L0veL1ve (via yuria1224)

眩しいよね。。

(via highlandvalley) 青・・・まぶしいよね・・・ (via petapeta)
joodle:

plotclock - YouTube
joodle:

Fresh eggs. [video]

this dude is a wizard.

joodle:

Fresh eggs. [video]

this dude is a wizard.

umamoon:

coromegane:

2014/2/11
先日うっかり衝動買いしてしまった、コクヨの roll table 。
安い買い物ではなかったけど、何しろ100mも切れ目のない紙が家にごろんと置いてあるなんて、こんな素敵なシチュエーションがあるだろうか!いやない!などと考えていたらいつのまにかクレジットカードの番号を打ち込んでいたのだ。仕方ない。
で、結局やっていることは普段のラクガキと変わらないのだけど、コレが意外にも楽しい。
まず描くときの体勢が違う。自然にテーブルを抱え込んだり、回り込んだりするので身体全体で描いているような感じ。そして、ページの境目がないので、絵が途中で切れることがないというのも新鮮。いつもよりちょっと自由になれる気がするのがおもしろい。
道具と表現の関係性についても、改めて考えさせられる。
自分ひとりで遊んでいるのももったないし、みんなにも触ってもらいたいので、いずれまたどこぞの文具イベントにでも持っていこうと思います。お楽しみに。

umamoon:

coromegane:

2014/2/11

先日うっかり衝動買いしてしまった、コクヨの roll table 。

安い買い物ではなかったけど、何しろ100mも切れ目のない紙が家にごろんと置いてあるなんて、こんな素敵なシチュエーションがあるだろうか!いやない!などと考えていたらいつのまにかクレジットカードの番号を打ち込んでいたのだ。仕方ない。

で、結局やっていることは普段のラクガキと変わらないのだけど、コレが意外にも楽しい。

まず描くときの体勢が違う。自然にテーブルを抱え込んだり、回り込んだりするので身体全体で描いているような感じ。そして、ページの境目がないので、絵が途中で切れることがないというのも新鮮。いつもよりちょっと自由になれる気がするのがおもしろい。

道具と表現の関係性についても、改めて考えさせられる。

自分ひとりで遊んでいるのももったないし、みんなにも触ってもらいたいので、いずれまたどこぞの文具イベントにでも持っていこうと思います。お楽しみに。